アパート、マンションの賃貸料が、一気に下がる?

アパート、マンションの賃貸料が、一気に下がる?

★儲かるセールスレター、チラシの書き方を手に入れろ!キャッチ・ザ・ライティング

★集客できるホームページの秘密はこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

アパート、マンションの賃貸料が、一気に下がる?

ファミリーレストランの先駆者であった「すかいらーく」が閉店して、「ガスト」に看板を掛け替えたのは、お客さんがすっかり変わってしまったということだ。

 

高くてもモノを買ってくれるお客さんというのは、裕福な人に限られる。

 

貧乏人はハッキリ言ってそんなことは出来ない。

 

だってお金無いもん。

 

しかし今は、産業経済社会。

 

お金がないと生きていけない。

 

そういうわけで、限られたお金を限られた使途に振り分けることになる。

 

そういうときに人々は、どういう風な消費行動に出るのか。

 

たとえば、家賃が高ければ、安いところに引っ越すことを考える。

 

日本の家賃というのは、やっぱり高い。

 

日本の労働者がサービス業にドンドンうつっていっていると言うことは、月給や手取りが20万円以下になるって事だ。

 

住居費は、月収の3分の1くらいがちょうどいいという話もあるが、それで考えると6万円前後。

 

ところが6万円で住める住宅というと、2DKのアパートや文化住宅と言うことになる。

 

これだと家族4人では狭いから、6万円のアパートは埋まらない。

 

学生でも、外国から来た出稼ぎ労働者でも、ちょっとしんどくなる。

 


安い住宅はドンドン売れて、賃貸料は下がる

一方、安い建て売り住宅や安いマンションは、ドンドン売れることになるだろう。

 

家を借りるより、買った方が安ければ、家を買うことになるのは当然だ。

 

しかもいまや日本の持ち家率は、74%に達していると言うから、売り家の値段は上がる原因が無くて、供給過剰。

 

結局、高級マンションと低価格マンション・低価格住宅に2極化することになる。

 

もちろん低価格住宅に満足しない人は、土地を用意し、設計段階から要望が通るオーダー建築で家を建てるから、中くらいの価格の住宅は、都心部でしか売れないだろう。

 

というわけで、早期退職やリストラで一時金を受けとった人は、高い借家に住んでいればさっさと低価格住宅を買うだろうし、利息の高い住宅ローンを組んでいる人は、繰り上げ返済することになる。

 

となると、賃貸物件は、大きく供給過剰になる。

 

人が入らない物件の大家さんは、値下げするか、リフォームして付加価値をつけるかという選択を迫られるわけだが、ハッキリ言うと、そう言う選択肢はない。

 

つまりもう、リフォームして値下げするしかない。

 

両方しないとダメってことになる。

 

不動産に関して、大規模な価格破壊が起こるのも時間の問題だろう

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページの秘密はこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加