顧客分析のために、ポイントカードを導入しよう

顧客分析のために、ポイントカードを導入しよう

★儲かるセールスレター、チラシの書き方を手に入れろ!キャッチ・ザ・ライティング

★集客できるホームページの秘密はこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

顧客分析のために、ポイントカードを導入しよう

自分のところのお客さんは、一体どういう人たちなんだろう?経営が不振だったりすると、どうしてもそういうことを再確認する必要が出てくる。

 

いわゆる顧客分析というヤツだ。

 

ポイントカードなどを出しているお店というのは、そういうデータを集めて、品揃えに反映させている。

 

スーパーやデパートでは、ポイントカードを発行して会員情報を集め、POS(レジ)データから、会員がいつどこで何を買ったかというデータをデータウエアハウス(データの倉庫)と呼ばれるデータベースにたくさん集め、定期的に顧客分析や購買分析に利用している。

 

で、その顧客分析にも色々あって、よく耳にするのがFRM分析というヤツだ。

 

Fというのはフリークエンシー(頻度)、Rというのはリーセンシー(一番最近利用した日)Mというのはマネーで、購買金額。

 

要するに、よく来るかどうか、最近来たのはいつか、いくらぐらい買ってもらったか、という3つの視点から、顧客分析をするわけだ。

 

これをやるには、ポイントシステムを使えるレジやデータサーバー、それから分析するためのソフトウエアなどが必要になってくるが、費用は数十万から数百万くらいはかかると思った方がいい。

 

システム自体はただの端末やパソコンなのだが、分析の仕方や分析の結果は、経営コンサルタントにお願いすることになるので、その費用がかかってしまうのである。

 

ハンコタイプのポイントカードでも、分かることがある

ただ、そんな大がかりなものでなくても、大まかにどういう商品を誰が買っていくのかは、つかんでおく必要があるだろう。

 

買い物のたびにハンコを押すようなタイプのポイントカードでも、回収すれば頻度や購入代金は予測できるし、ポイントカードに住所や年齢・性別を書いてもらえれば、どの地域に住んでいる人で、どういう顧客層なのかは、分かってくる。

 

それを地図上にマッピングしていけば、お店に来てくれる顧客の動態が想像できるわけだ。

 

そうやって簡単なデータを取ってみるだけでも、今まで思っていた顧客とは違った顧客の購買行動が見えてくる。

 

お店の南側に住んでいる人は、たくさん買っていってくれるけど、これはその周辺に他の店がないからだとか、わざわざ遠くから買い物に来ている人は、一体何を買っているんだろうとか、お客さんを見ているウチに、だんだん分かってくる。

 

顧客分析データと顧客分析ツールがあれば、データベースをたたけば、実際に何を買われたのかはすぐ出てくるが、それがなくても販売計画の見直しには役に立つだろう。

 

だからこれから開業する場合も、すでに開業している場合も、ポイントカード(お客様カード)は初めから導入しておいた方がいい。

 

データがないと、想像することしかできず、ホントのことは何にも分からないからね。

 

ホームページを作って、メール会員を募集するのも、よくある手だけれど、それも併用すべきだろう。

 

NEXT:ポイントカードで集客・売り上げアップ

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページの秘密はこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加